フィーバーフラッシュⅠ 三共 平成2年

レトロパチンコ

平成2年登場。今回ご紹介しますレトロパチンコは、一世を風靡した大ヒット機種フィーバーフラッシュⅠ。一時期ドラム機はどこもフラッシュになり、オール三共の東京・渋谷タイガーでは、セブン機全てがフィーバーフラッシュⅠになっていました。
東京都福生市にありますゲームセンターたんぽぽにて撮影させていただきました。ありがとうございます。(※現在、フラッシュⅠは撤去となっております)

私のブログです。古いパチンコ機(レトロパチンコ・珍古台)の記録・研究になります。稀少な資料もあったりしたり。 よかったら見てください。(^_^) 
当機種紹介記事鋭意作成中! 『玉の動きも演出!』http://appolon.blog13.fc2.com/

コメント

  1. 保留玉連荘した時の出玉はお得感満載で、保連を経験すると3ラインの残念さは許容できるようになりました。

    • 本日も多数様大勢様、大勢様多数様、当店新装開店にお越し下さりありがとうございます。いらっしゃいませ!
      保留玉での当たりはインパクト大ですね。実際は、多少の甘い辛いはあっても有利な部分の裏では不利な部分があり、見た目が悪い分は出現率で補正がありとだいたいバランスが取れているものです。
      ただ、「○○だったら当たりなのに・・・」とはついつい思ってしまうもの。ほどよく悔しく思わせるのも機械の魅力かなとも思います。

  2. おまけチャッカーはサイコー!気持ちイイ。
    ひん曲げられた釘で出来た道を玉が流れる様は、当たりまでの苦労が報われます。
    これで更に保留連もあるんだから…たまりませんね。

  3. 3ラインになったことで視覚的に「当たりにくくなった」と思わせたことはマイナス要素でしたね。

    • 本日も数ある遊技場の中より、当ホールご指名ご来店ありがとうございます。
      斜めテンパイのWリーチの出現頻度を上げるためでしょうけれど、レクサスなら当たりだった並びの2/5はハズレになってしまいます。確率も1/247なので、ハマると割と深かったですね。

  4. 新装開店チャンネルさん こんばんわ。

    確かにどこのお店に行ってもありましたね。
    良く打ちました。ただあの金色の777はもっと別な台の印象が強く残っています。
    恐らく金777出そろうと3回何色か忘れましたが2回続く絵柄
    それが揃うたびにまた3回、2回と続く台で馬鹿みたいに大当たりしたせいだと思います。

    周りのお客が又揃ったよ、あっまたかよ、と皮肉のこもった声を聴きながら30箱位出たことがあります。
    確変機でもないのに恐ろしい出玉でした。
    後ろでは店員も目を光らせていましたが
    ギャラリーが凄かったので疑る事も調べられる事もありませんでした。

    調べられたと言うと埼玉のズームと言う店で南国物語でもノンストップになりビッグ・レギュラー合わせて40連荘位している時に店長が来て調べさせてくれと無法な事を言ってその後ピッタリと止まってしまった事があります。
    恐らくストックを消されたのでは?等という話が出ました。笑えない。

    丸玉ラッキーと言う店でも朝一Godで一叩きでGodゲームが夕方の7時まで止まらず、最後にGodGodGodが揃って打つのをやめた時両替を機械を調べ終わるまで待ってくれと言われ途中で一緒になった連れが激怒し金突っ込む分にはいくらでも取る癖に出たら調べるのかよとああ~ッ!と一触即発状態になり焦った事があります。これも事なきを得ましたが出たら疑われると言うのも困ったもんでした。

    埼玉宮原の銀星ではハイビで60万円程出たことがあります。
    止まらない・・とにかく止まらない、気持ちが悪くなるほど止まらない。
    常連さんばかりだからよかったものの知らない店だととても嫌な思いで打っていた事でしょう。

    いつも話が横道にずれてしまい申し訳ありません。
    今日もいろんなことを思い出させてくれる嬉しい動画有り難うございました。感謝です。(^^♪

    • 本日も当店新装開店にお集まりいただき、ありがとうございます。
      どこのホールでも大量導入でしたね。フラッシュⅠの音を聞き度に当時のホールが思い出されます。

      フィーバーアタック、ありましたね。いろんな機能が盛り込まれてました。ただ、まだラッキーナンバーの時代だからいいですが、今だと甘くて大変なことになりますね。そんなに出たんですか!

      南国物語。ただ、その位出てしまうとちょうどストック切れにもなるはずです。見に来たタイミングとかが悪かったですね。そんなに出たなら、その台はその分どこかでハマっていたはずです。ちょうど、バケから7にボーナスが狙えるとか狙えないとかそんな噂の出ていた時期だったので、お店もナイーブになっていたのでしょう。

      4号機の時代は、出る方にも出ない方にも事故が多発で、爆発して止まんなくなることがありましたね。ゴトも多かったので、お店からしたら疑わしいのかもしれませんが、角が立つ言い方だと心象でマイナスになってしまいますね。

      私自身は、ホールでトラブルになったことがないので、あまりなんとも言えませんが、過剰な出玉合戦は結果的にホールにもあまりいい結果を残さなかったと思います。規制されてよかったと思います。逆に規制されないとコントロールできないのが未熟な業界だとも思います。

      打ち止めだとか華がある出方ならいいのですが、無制限青天井は一部の特定の人の出玉をみんなで献上する営業になってしまいます。勝ったり負けたり、ほどほどのほうが長続きするのではないでしょうか。

      最近は、日本のホールから離れてしまい、思い出ばかりになってしまいますね。本日も楽しく見ていただけてよかったです。

  5. 素敵な台でしたけど、すぐにおまけチャッカーが廃止となる基準に伴い設置期間は短く感じました。

    • 本日18時、新装開店にお立ち寄り下さりありがとうございます。
      当時の三共は、ドッと入ってきてあっという間に次の機械に変わるイメージです。ボルテックスとかマキシムとか速かったです。ちょうど翌年すぐに基準が変わり全盛期は短かったですね。

  6. @新装開店チャンネル 様
    今日は仕事(リモートワークのPC業務)が立て込んでて視聴時間が遅かったんで「新台取れず立ち見」とさせてもらいました(笑)

    その会社に勤めだした頃は新要件機が出揃った頃でしたがスパークGP等に交ざって長年メイン機種として使われてました。
    徐々に減台されはしましたが、常連のベテランさん中心に客付き良好でした。
    麻雀物語の頃もまだ1列残っててパワフルかキングと入れ替わったと思います。

    3000円くらい握りしめ、羽根物で2000発ほど出した玉でフラッシュに移り「わらしべ作戦」とか言ってた頃です(笑)

  7. 今日は、通路での立ち見なんですね。
    明日もまた、本日以上の出玉を持ちましてのお出迎えでございます。
    昔、玄関空けたら2分でご飯というCMがありましたが、タイムカードを押した1分後に着席ですね。
    フラッシュⅠは、だいたい三共のシマを軒並みコレに替えていきましたね。アバンテ・クラウンあたりは一掃されました。当時は、レクサスが悪くないホールでも次が出たから入れ替える所が多かった気がします。今よりもずっと人が多くて活気もありましたから、悪くなる前に外すという考え方かもしれません。
    だいたい1/220~1/230位の頃ですから、初当りはやや厳しくてもそれ以上の魅力もありましたね。私の方はほとんどラッキーナンバーだったので、全然回らないなんてことはありませんでした。確かに万人受けするタイプでしたね。

    ボルテックス。当たりを引いたんですね。なかなかない話です。ドル箱のコックピットというのも、想像するとおもしろいですね。当時だとなかなかそんな光景は見られません。派手な箱積みは、花満開くらいからでしょうか。
    ヘソ周り(デジタル・円盤脇)に風車がないのに違和感がありました。それでも当時は、なんかカッコよく画期的な台が出たなぁと感じてました。

タイトルとURLをコピーしました