ビッグシューター 平和工業 昭和61年

レトロパチンコ

昭和61年登場。今回ご紹介のレトロパチンコは、定番中の定番、風より速いビッグシューターです。羽根モノ初の貯留装置を搭載し、大ヒット!その後のパチンコ役物開発の歴史を変えた機械です。当時は、どこにでもあり過ぎて、あえてあまり打たなかったです。(と、言ってもけっこう打ってますが・・・)
大阪にありましたえびす会館で撮影させていただきました。ありがとうございます。(現在、残念ながらえびす会館は閉館しております・・・)

以前、別の動画サイトに投稿したものを画質改善してみました。
私のブログです。古いパチンコ機(レトロパチンコ・珍古台)の記録になります。 よかったら見てください。(^_^) 
当機種紹介記事公開中! 『玉の動きも演出!』(2018/4/23記事)http://appolon.blog13.fc2.com/

コメント

  1. 0:38 この入り方好きだな。

    • 本日、新装開店にお集まりいただきありがとうございます。
      私も右から巻き込んでのV入賞、好きです。
      ただ、その後は貯留解除後もトンネルくぐったのにパンク・・・でした。

  2. よく打ちました、セル盤も何種類かありましたね。
    自分は黄色っぽいセルのが相性良かったです。

    1989年頃はまだ殆どのホールで見かけました。
    ビッグシューターIIIもちらほら見かけました。

    新要件になりMAX15Rのニュービッグシューターも出ましたが、パンク多発で完走が凄く難しかったです。

    • 本日も多数様大勢様、大勢様多数様、当店ご指名ご来店いただき誠にありがとうございます。
      青っぽいセルとかいろいろありましたね。私は動画のセルが一番馴染みがあります。

      昭和から平成に変わる頃、まだまだ全盛ですね。その頃になるとビッグシューターからビッグシューターへ入れ替えるお店が出始めます。
      ビッグシューターⅢはホントちらほらありましたね。

      15R機。完走はなかなか難しいです。それでも当時のハネモノの中では人気が根強かったです。

  3. 本日も数ある遊技場の中より、当ホールご指名ご来店いただきありがとうございます。
    懐かしいですね。どこに行ってもあり、ハネモノで向かい合わせに置いてあるホールも珍しくなかったです。
    そういえば完走したのにブッブッーでしたね。

  4. 毎度当店ごひいきいただきありがとうございます。
    当時の新装開店は、地域のお祭りでしたね。ちょっとした同窓会が開かれたりもしました。私は、匍匐前進はしませんでしたが、おしくらまんじゅうなら体験あります。

    貯留。アムテックスの社長が官報読んでひらめいたという記事を読んだことがあります。ビッグシューターは根強い人気がありますよね。

    ミラクルシューター。音なんかはまさに当時の平和っぽさが突出してますが、先に外されちゃいましたね。特別ダメな理由はなにもないんですが、なぜか人気ないですね。やっぱり凝り過ぎはよくないんですね。

    両手をひろげたビッグシューター3。ビッグシューター2は見たことがありませんが、音色が異なる違和感機でした。
    でも、今動画でビッグシューター3を上げたら、本家よりも反響がありそうです。

  5. 本日も当店新装開店にお越し下さりありがとうございます。
    はい、大ヒット機種です。誰でも打った事ある機種ですね。
    球を右方向に打ってパンクを防ぐ工夫。私もあがいてみましたが、なかなかパンクは防げなかったです。最初に左に偏った時点でもう遅かったりします。
    ただ、そこから逆転のドラマはありますね。下のステージはクセの差がでやすいです。

    夫婦喧嘩。ホールってケンカがありそうで、でも実際それを目撃した事はあまりありません。
    ケンカでもおもしろいケンカですね。奥さんの耳元でブッブッー。よっぽどしつこかったのでしょう。

    最近出たビッグシューター。一時期アタッカーをやめたりしましたが、その後アタッカーに戻りましたね。そこは残念です。

    白っぽいロボット。ゴールデンクロスですね。同じ平和なのにパチモン感あふれています。特許の関係で貯留ができなかったんじゃないか・・・と思わせるようなパチモンぶりです。開発の経緯が知りたい機械です。
    マルホンの魔界組並のレアな機種なので、見ると驚きますよね。

  6. @ざき3 様
    ビッグシューター3。ちらほら見かけたので、もっと見ておけばよかったです。両手を広げた人のセル柄が妙に印象に残っています。
    真ん中に寄りやすい。ビッグシューターの上ステージには大きな突起!?がありますね。あの形を変えるとだいぶ変化しそうです。あとトンネルの穴の大きさ。リメイク版は、ビッグシューター3に近いんですね。開発者としては、何らかの改良を試みた結果なのでしょうか・・・

    セブン機規制。私が住んでいた千葉はまさにそれで、羽根モノの割合が7割なんてホールもありました。店主が一人で店番する小さなホールでは、一番射幸性が強い機械が羽根モノなんてホールもありました。

    幅広い年齢層。この業種は全くそうした事を考えていませんね。初心者以下の人が、ヘソ1個返しの機械なんて打てないでしょう。18歳でバンバンサンドにお金突っ込むのもあり得ないし、どこを入口ととらえているのでしょうか・・・コロナ禍とはいえ、高齢化社会でそうした需要を取り込む下地は十分あったはずなのに自滅気味な業種ですね。

  7. 誰も打ってないのに羽根が開くパカパカ現象。

    • ご視聴ありがとうございます。
      私もそれ見たことがあります。打ち止め台に誰も座ってないのに勝手に羽根が開いてました。こりゃあ打ち止めになるわって感じでした。その後、しばらくはマイクロスイッチ(ベロセンサー)が主流になりましたね。

  8. パンクでブッブーならわかるけど、完走でもブッブー(笑)マジカペのデーデデデーも笑ってしまった。

    • ご視聴ありがとうございます。
      完走ブッブッー。これは皆さん違和感をおぼえてましたね。これは単純に最終ラウンド用の音声プログラムがなされてなかっただけだと思います。それとも話題作り!?

タイトルとURLをコピーしました